新型コロナとタンゴ活動への影響アンケート

  新型コロナとタンゴ活動への影響アンケート4/12実施

⇒ 
結果
参加者からの意見 ●参加者
ネット配信レッスン


ミロンガやグループレッスンには行っておりませんが(コロナが完全終息までは行かないつもり)、信頼出来る先生には今も個人レッスンを継続して受けております。
殆ど人の集まらない常に空きのある貸しスタジオで行っています。
お互い自己管理をきちんとして、清潔な場所と信頼があればレッスンは続ける予定です。
私は医療従事者なので、経済云々よりも「命があること」を優先してしまいます。
感染経路不明の発症者が無限増殖しているので、隣にいる人も、私自身も、もしかしたら感染者になってしまっている可能性は否めません。
一年先かも知れませんが、また皆様と安心安全に楽しく踊れることを願っております。


ある先生のミロンガの応援回数券チケットを先日購入しましたが、こういう形での応援も良いと思います。
また、先日、YouTubeで配信された無観客コンサート動画(ダンサーさんのダンスもありました)で、PayPayでのカンパも少額ですがさせていただきました。ただPayPayなどは使った事がなかったので、アプリを入れたり銀行口座を登録したりなどかなりの時間がかかり、ITに不慣れな人には難しいかも?と感じました。
他にクラウドファンディングという選択肢がありましたが、どのようなものなのかよくわからないので、選択しませんでした。どのような仕組みでどのように運営され、申し込み方法その他詳しくわかればやってみても良いのかな??とも思います。

今私ができることは踊りたくても踊らずに我慢することです。
タンゴ界全体のことを考えればなによりも活動をいったん休止して、感染の可能性がなくなるまで待つことが一番だと思います。タンゴは濃厚接触で踊るダンスである以上、1人が保菌者であれば絶対に他の人にうつします。消毒や換気などで感染確率を下げることはできても、それで感染を防げるとはいえません。ここはきちんと科学的に考えて行動しなければいけません。
加えて、タンゴはそれでなくても、やらない人たちからはあまり健全でないような見方をされたりします。タンゴ界でクラスターが発生したら、今以上に印象が悪くなり、これまで以上に「不健全な踊り」という烙印を押されてしまいます。インストラクターは、目先の収入のためにレッスンミロンガを続けて、タンゴ全体のイメージを台無しにするような危険を冒さないでほしいです。
大変な状況はインストラクターだけではありません。私もそうですが、フリーランスは仕事がまったくなくなり、いつ復活するか分かりません。今、金銭的に助けられるのは、大きな会社に雇用されて定収入のある人だけです。
みんなタンゴが大好きです。そのタンゴを守るため、目先の利益や楽しみだけではなくタンゴの将来を見据えた行動をしましょう。

ちょっと思いつかないですが出来るだけ協力したいです
このコロナ災害をみんなして乗り切れることを祈ってます!


今後再開したときに、実家の1階(今は倉庫)を改装してスペースを提供することなどは可能かなと考えています。




"
私は、、家族がウイルス関係の仕事で、近年のウイルスの動向もそれなりに理解しています。 恐らくですが、Q4ウイルス対策をする事、などは、具体的に何か、ご存知ない方が多いと思います。 出入り口で消毒液、程度では全くダメです。 ですが、ウイルスをよく理解して封じ込める、には、開催側と参加者の相互の理解と努力と協力が必要です。 また、Q6にある、いつからならダンスをしますか、と言う問いに関してですが、正直言って、コロナは完全に克服されることは無いと思います。 ですが、現代において、インフルエンザが克服されている、と理解するなら、克服する事はできます。 この違い、お分かりになりますか? この説明がインストラクターや主催者側で、できない場合、参加者が安心して来る事はまず無いです。 不安な所に行きたく無いのは皆同じで、先生方も、不安の中レッスンするのは難しく、生徒の健康を守れなかったらどうしよう、と言うジレンマに陥ると思います。  

ミロンガチケットの先行購買、その他、プラベ、レッスンチケットの先行購買など

"自分もお金に余裕がある訳ではないし、仕事はしていますが、いつなくなるかわかりません。
なので、寄付や事前購入は厳しいですが、ネット配信のレッスンなど(テクニカ)で、自分がよく知っている好きな先生のレッスンであれば受けたいです。
"

経済活動の支援よりは、一般ダンサーや愛好家のオンラインのつどいなどを優先したいですね。


今、私自身出来ることは難しいですが、収束したらまた、レッスン&ミロンガに伺って協力出来ればと思っております
先生方への協力等は私自身フリーランスで仕事がほぼキャンセルな状況なので皆様の事は気になりながら…


ミロンガ主催者の振り込み先情報の開示。プロアマ問わず。
何かできることがあれば協力したい

"陣中見舞金、支援金などを、先生でない誰かが中心になって大きく集め、政府の支援策とは別に先生方を元気づけることが出来ればと思います。
"

"今忙しく、自由な時間は5分10分の隙間時間しかないので、オンラインレッスン参加は難しい状況です。
チケットの事前購入やCD購入くらいならできそうです。
ただクレジットカードメインなので銀行口座やPayPalだと躊躇してます??????

毎日バタバタで在宅勤務もままならず収入も減っているので、今のままだとレッスンに使える金額は減りそうです。
明後日から娘は1日6時間のオンライン授業が始まり、息子も来週から少しだけオンライン授業になるので、在宅ワーク頑張って思いきりタンゴ楽しむために稼ぎます??
"

プロの皆さんがどんなに大変かと心配していましたが、今回の国、都の対策でスタジオをお持ちの方は何とか救われるのではないかと思います。その方達も  入金があるまでのつなぎ資金は必要かと。
  スタジオをお持ちでないダンサーが35万円の対象になるかどうか、また、同じつなぎ資金は必要かと。

  私自身は今まで関係の深いダンサーの方達についてはプライベートレッスンを受け始めました。
スタジオのある方もない方も。つまり、自分が応援したいダンサーについてということになります。
 募金、クラウドファウンディングなどは本来、連盟などがするのが適当と思っていますが、今回のコロナ禍の初期に何らの指示などもみられなかったことから、信頼性が薄いと 感じています。会計の透明性が求められるべきですし、互助会的な機能も全くなかったようですし。


今、私自身出来ることは難しいですが、収束したらまた、レッスン&ミロンガに伺って協力出来ればと思っております
先生方への協力等は私自身フリーランスで仕事がほぼキャンセルな状況なので皆様の事は気になりながら…



ミロンガ主催者の振り込み先情報の開示。プロアマ問わず。
何かできることがあれば協力したい

"陣中見舞金、支援金などを、先生でない誰かが中心になって大きく集め、政府の支援策とは別に先生方を元気づけることが出来ればと思います。
"


毎日バタバタで在宅勤務もままならず収入も減っているので、今のままだとレッスンに使える金額は減りそうです。
明後日から娘は1日6時間のオンライン授業が始まり、息子も来週から少しだけオンライン授業になるので、在宅ワーク頑張って思いきりタンゴ楽しむために稼ぎます??


先生と自分、信頼出来る仲間で、ごく少人数(2?3人)でのプライベートレッスンお願いしてます。


対策してのパーティは参加したい


"経済活動と感染症対策は切り離して考えなければ感染はとめられないと思います。
アルゼンチンタンゴはアブラッソは言うに及ばず、距離を取るモデルのであっても超至近距離でありたとえお互いマスク着用であっても最も感染リスクが高いとされる眼をむき出しにして抱き合っている状況においては感染しない方がおかしいでしょう。
この様な特異性からもいかなる予防策をとったとしてもあまりにもリスクが高いのでレッスンもミロンガも開催すべきではない。
都市封鎖宣言に関わらずアルゼンチンタンゴ業界を守る為にも教室自体を休止すべきです。
教室でレッスンやミロンガを開催していれば、若者だけでなく我慢出来ない暇を持て余した自制心の無い中年〜シニア層も開催している教室のレッスンやミロンガにこれぞとばかりに参加し感染爆発が起きるのは必至です。
ただでさえ色眼鏡で見られがちなアルゼンチンタンゴですから変な風評被害を産まない為にも皆一律我慢し耐え忍ぶべきです。
皆業種は違えど自分の家族は元より会社の社員やその家族を守るために必死に対策をたて頑張っているのです。
世の中は輪のように一つづきなにですから時差こそあれ全ての業種に影響が出ます。
冷静に対策を立て実行した者だけがアフターコロナの時代を生き残れるのだと思います。
"



"何年もダンスをしてきましたが
このウィルスに対するワクチン、薬などできなければ残念だけれど3蜜のダンスはやめようと思います。
よくウィルス対策といってアルコールとか置いてありますが本当にそれで、対策できませんよね?
私には高齢、新生児の身内がいます、仕事もしています。自分がかかるのは好きな事をして仕方ないとします。でも自分が3蜜のところに好きなダンスに行き人にうつして迷惑をかけることを考えると今はダンスをやることは残念ですが考えられません。

ウィルスの終息が全くみえない
数年かかるかもしれない
それを寄付では無理な気がします。
莫大な寄付をしてくださる方がいれば別です。

冷たい言い方ですが相手は未知のウイルスです。
中途半端な協力はかえってこのダンスを職としている人にはへんな期待させてしまいそう
"
ZOOMなどを使っての遠隔レッスン、遠隔パーティー屋内だと3密が揃ってしまうので屋外で密を少しでも緩和し、参加条件はマスク、手袋(軍手?)の着用とする等?

今は自分も大変なので協力できることはありません。


"商品企画をして、商品をつくり新しいビジネスをつくることを企画する。"


オンラインレッスンで、ふだんじっくり学ぶ機会のないタンゴの音楽(楽団の特徴等)について学びたい
インターネットを活用できれば早く協力できるのですがアナログ人なのでレッスンやパーティーの事前購入などが協力しやすいです。8日に提案された参加費\10.000のパーティーはよい企画だと思います。ぜひ参加します。
お世話になっている先生へ個人的に、もしくはプライベートレッスンで。

オンラインレッスンは場所を選ばず、これまでレッスンを受けていなかった先生と巡り会うチャンスでもあるので、ぜひ積極的に展開してほしいです。プライベートレッスンも、時間を短くして受けやすくしたり、課題を出してその完成度を高めたりすれば実質しやすいのではないかと思います。



"コロナウイルスが落ち着いたとしても、3密を避けることが社会からのニーズになるであろうことを踏まえて、収入源を分散できる新しいビジネスモデルを考えて考え抜くべき転換点にいると思っていて、
その観点での組織や人がいらしたら是非支援したいです。"
自主練習の動画を見てもらいアドレスをもらえるサービス。自分だけでやってても改善点が分からないから。



お互い自己管理をきちんとして、清潔な場所と信頼があればレッスンは続ける予定です。
また、先日、YouTubeで配信された無観客コンサート動画(ダンサーさんのダンスもありました)で、PayPayでのカンパも少額ですがさせていただきました。ただPayPayなどは使った事がなかったので、アプリを入れたり銀行口座を登録したりなどかなりの時間がかかり、ITに不慣れな人には難しいかも?と感じました。
加えて、タンゴはそれでなくても、やらない人たちからはあまり健全でないような見方をされたりします。タンゴ界でクラスターが発生したら、今以上に印象が悪くなり、これまで以上に「不健全な踊り」という烙印を押されてしまいます。インストラクターは、目先の収入のためにレッスンミロンガを続けて、タンゴ全体のイメージを台無しにするような危険を冒さないでほしいです。
大変な状況はインストラクターだけではありません。私もそうですが、フリーランスは仕事がまったくなくなり、いつ復活するか分かりません。今、金銭的に助けられるのは、大きな会社に雇用されて定収入のある人だけです。
主催者からの意見 自分分がイベントをさせて頂けるのは、日本のタンゴ界を牽引してくださっている先生方がいるおかげだと思っています。
自分がされるという応援ではなく、自分が先生方にするという意味で、クラウドファンディング、パーティ券の事前購入等があれば、応援、支援という形で貢献して行きたいと思います

"感染したインストラクターを公表してもらいたい、最低でも、スタジオは……
"

教師資格はありますが、練習サークルの主催であり、タンゴで収入を得ているわけではありません。
本業はサラリーマンで、会社から東京・大阪など感染拡大地域への外出・交流は禁止されていますので、各地のレッスンやミロンガへ出かけることは現状はできません。
これまでのような自由な形は難しくても、アルゼンチンタンゴを練習したい、踊りたいという方に練習の場を早く提供できることを望んでいます。
地元の自粛解除が行われるためには、残念ながら東京・大阪などの感染拡大地域との交流を一時経つことが必要です。
大都市圏の方には申し訳ないですが、いまは「STAY HOME」で頑張っていただき、市中感染が拡大していない地域へお出かけするのは控えていただきたいと思っています。
ウィルスとの戦争は人類の歴史の中で繰り返されてきたものであり、感染した人は不幸であって何も悪くありません。
しかしながら、その歴史は差別の歴史でもあり、感染者を出したグループは排斥されてしまうという事実があります。
tangoをたしなむ人が100%感染しない(感染者の中にタンゴを踊る人は一人もいない)ということはあり得ず、タンゴ以外の生活の中で必ず感染する人は出ます。
その時、感染ルートはアルゼンチンタンゴのパーティーであってはならない、そのために自粛をしています。
アルゼンチンタンゴが集団感染の場にならないために、頑張りたいと思います。
東京では大変な日が続いていると思いますが、ぜひ、心の健康を保って、みんなでタンゴを愛していきましょう!!


基本的には支援は全部嬉しいですが、まずは自分たちで出来ることを探りたい。


その前に我々がクラスター化にならぬよう、自粛勧告が解けるまで濃厚接触イベントは開催しません。

タンゴ愛好家から感染者が出ないことを望みます。 自分が皆さんにできることはあると思います。
そのためには今すぐに緊急事態宣言が発令され、現在も続行してるミロンガやレッスンやシューズ販売など全て中止になればいいと思います。

普通のミロンガと同じように4時間くらいDJプレイして配信するとか。


ライブ配信やレッスンビデオの配信など有料でしていただければ、協力できると思います。


活動の地元では、現在踊れる場所がまったくありません。我々の活動の場は公共の施設(公民館)ですが、公民館から活動の自粛願いが出ている状態です。
これが長期化すると、タンゴの火が消えてしまうのではと懸念しています。


"今はコロナウイルスの収束を願いますので、出歩かない、踊らないようにして欲しいでです。
皆が大変な時期ですから、各自対応するしかないと思っています。
何とか踊れる日まで耐え忍ぶしかないと思っています。"

"朝の来ない夜はないのです。
だから諦めず、今を生きること、今できることを一生懸命やる。これしかないと思っています。
震災の時もそうでしたが、大きな困難を共有したあと、人々の絆はより深まります。
今回は世界中で共有している痛みで、アルゼンチンタンゴほど世界で繋がりを持っている文化は珍しいものです。
だから、朝が来たとき、アルゼンチンタンゴを踊る人々は世界中で深い喜びと絆を感じるでしょう。
不謹慎だと怒られるかもしれませんが、私はそれを楽しみにしています。
"